鍵交換はタイプを選べ!鍵トラブルから学ぶ鍵穴の交換~

いたずらを簡単に見過ごしてはいけない!?

防犯性の高い鍵に交換しよう~鍵トラブルもこれで安心!~

複数の鍵

鍵穴へのいたずらは、単なる子どものいたずらとは限りません。そのため、気になるのは防犯面です。鍵穴のいたずらは空き巣の仕業である可能性も高いので、鍵交換も併せて行っておくと良いでしょう。

防犯性の高い鍵の種類

シリンダー錠
主に一般的な家などで使用されているのがシリンダー錠です。この鍵は、よく使用されているディスクシリンダー錠の他に、ピッキングされにくく防犯性の高いディンプルシリンダー錠など、たくさんのタイプがあります。
王座錠・引違戸錠
ドアノブに鍵穴が付いたタイプの鍵です。このタイプの鍵も一般的に良くあるタイプの鍵です。この鍵でもディスクシリンダーやディンプルシリンダーなどのタイプがあります。玄関ドアに合わせて引違戸錠を選んでください。
キーレス錠
鍵のないタイプのキーレス錠にしたら、鍵を必要とせずに開け閉めが出来るため、鍵を紛失する心配はありません。キーレスタイプにも様々な形のものがあるので自宅の玄関に合ったものを取り付けることが出来ます。決められた番号を押すと開けることが出来ます。
電気錠
会社などで指紋や電気錠、ICカードなどで鍵を開けることが出来るタイプの鍵を見たことはあるのではないでしょうか。技術が進歩して出来たタイプの鍵ですが、今では様々な種類の電気錠があります。防犯性にも優れています。

補助錠を取り付けて万全な防犯対策

鍵の交換と合わせて補助錠の取り付けを行うことでも防犯性は上がります。1ドア2ロックにすると、空き巣侵入するのに時間がかかるため、犯行を諦めます。補助錠について分からないことがあれば専門の業者に相談はすると良いでしょう。

TOPボタン