鍵穴のいたずらによる鍵トラブルはたくさんある!?鍵交換が必要

いたずらを簡単に見過ごしてはいけない!?

鍵穴を壊された!多発する鍵トラブル

鍵

鍵のトラブルはたくさんありますが、自宅の鍵穴にいたずらされて壊れてしまったという鍵トラブルは多発しています。いたずらで鍵が開かなくなったら迷惑ですね。実際に鍵穴にいたずらされた被害事例を見てみましょう。

鍵穴にいたずらされた被害事例

鍵穴にガムがつけられていました・・(40代/男性)

いつものように帰宅して鍵を開けようとしたら、いつもと違う感覚がありました。鍵を開けることが出来なかったので鍵を抜くとガムのようなものがついていました。子供のいたずらなのか分かりませんが、その時は本当に困りました。

鍵穴に接着剤が・・(30代/女性)

家の鍵を開けようとしたら。鍵が抜けなくなりました。おそらく接着剤が鍵穴に塗られていたと思います。自分ではどうしても鍵が抜けずに、どうしたらいいのか分からずに焦りました。大家さんに連絡してから鍵屋さんを呼んでもらいました。

鍵穴のいたずらをされたらこう対処しよう

鍵穴に接着剤を入れられたら
鍵穴に接着剤を入れられて、鍵が抜けなくなってしまったら熱して鍵を外すことが出来ます。鍵のシリンダーを取り外してからコンロなどで熱する必要があります。しかし、接着剤の種類によって変わりますが、接着剤がシリンダーの細かい部分にまで行き渡っている場合には熱して鍵が取れても、その後正常に機能するかどうかは分かりません。
鍵穴にガムを入れられたら
鍵穴にガムを入れられた場合は、鍵穴の中からガムを綺麗に取り除かなくてはなりません。この時に、シリンダーの細かい部分にまでガムが入り込んでしまった場合には直すことは難しいです。細かい作業なので、自分で行うと時間もかかり、返って鍵穴を傷つけてしまうこともあります。このような鍵トラブルは鍵屋さんに連絡して解決したほうが良いでしょう。

鍵穴のいたずらは空き巣の可能性あり!?

鍵穴が壊れていたら、子どもか誰かのいたずらかと思いますか?しかし、このような鍵トラブルは子どもの仕業だけだとは限りません。実は空き巣による犯行の場合もあるのです。空き巣だとしたら注意する必要があります。

鍵穴のいたずらは空き巣のサイン?

鍵穴のいたずらは、何かしらのサインかもしれません。鍵穴が壊されるのは、いたずらや住人への八つ当たり、空き巣によるものがあります。他人に恨まれて鍵穴を壊されるということも恐怖ですが、空き巣による犯行だとしても恐ろしいです。空き巣は、侵入出来る家を調べてから犯行に及びます。自宅に帰ったときにいたずらのように鍵穴に何かされていたら空き巣に狙われているサインかもしれないので注意しましょう。

防犯対策をしておくこと

一つの鍵

万が一のことも考えてきちんと防犯対策を行うと安心出来ます。空き巣は、対策をしていると分かると侵入を諦めるので、どのような対策が出来るか確認しましょう。鍵トラブルに遭えば、鍵の交換が必要になります。高性能の鍵に交換することでピッキングなどによる侵入を防ぐことが出来、防犯を強化することが出来ます。また、1ドア2ロックも効果的です。

TOPボタン